low days

Kyoto Japan PIANOGIRL vo. diary

鹿児島遠征

6月13日 13:00 よく晴れた日。アパートを出た表の日陰で煙草を吸って車を待つ。ほどなくして鈍いエンジン音が聞こえ、機材車が眼前に停車する。ファイターとNJ、二人ともサングラスをかけ、NJはもうサンダルだった。おはよう。長い旅が始まるね!

14:00 スタジオアントニオで荷物や機材の整理をした。豪も合流。関西空港までは機材車で行く。

16:00 空港のレストランで飲み始めた。生ビール大ジョッキが千円。まずはこれを飲んで、二杯目からは隣のコンビニで安いのを買ってジョッキに注いで飲んだ。旅の始まりに杯は進んで俺はもう真っ赤な顔をして喫煙所とレストランを行き来してた。

正確な時間は忘れたが19時頃に飛行機は離陸。NJは飲み過ぎてた。今にも吐きそうな顔でシートで喘いでる。便器みたいに小さな窓から見えたのは遠ざかる街と触れそうな雲。乗客は全員驚くほど空に無関心だった。俺は大空が好きだ。

22時になろうかという頃、鹿児島の繁華街、天文館通りを俺たちは歩いていた。サテンのスーツを着た茶髪に愛想しながら闊歩する。何もかもがどうでも良くて、全てが楽しい時間だった。2年前に遊んだスナックは潰れてた。

24:00 その日暮らしセイダイとNo edgeマッキーが合流する。今回の鹿児島はその日暮らしが呼んでくれて、彼らのレコ発だった。前夜祭と言うには余りに下品なジョークがグラスの氷に揉まれて軽快な音を立てる。

俺はマッキーの家に泊まらせてもらう。皆は町のゲストハウスへ。また明日!

マッキーは俺と同い年で、最近就職活動をしてた。この日も早朝からスーツを着込んで出発していく。いってらっしゃいと一言言って再び俺はゆっくり眠らせてもらった。カビ臭い布団に追い打ちをかけるように雨が降ってきた。

13:00 マッキーが説明会から帰ってきた。スーツの肩から首飾りのように雨粒が滑り落ちる。彼は煙草を家に忘れたらしく、猛烈な勢いで一本巻いて吸い始めた。俺はいらなかったけど付き合うように一本を吸う。拷問部屋のように黒ずんだ風呂場でシャワーを浴びさせてもらった。それから身支度を済ませ二人で家を出た。雨の街を歩く。濡れて行くつもりだったがあまりに激しく降るので途中コンビニで傘を買ったけど、700円もしたのは本当かよ。

リハを終えて定食屋で一本だけ瓶ビールを飲んだ。それからゲームセンターで遊んで、身体が目覚めた頃にイベントはスタートした。

行き着く所分かり合えないのに俺たちはどうして言葉や心を所持するのか。街の中から、山の茂みから、川の水飛沫から、人混みの中から、それは聞こえてくるようだった。ビルの七階に位置するライブハウスにはベランダのように空へ剥き出しの喫煙所があった。全員で街に煙を吐き出そう。そしてまるでそうしてくれと言わんばかりの灰色の空だった。

その日暮らしのセイダイという男は多分、周囲の人から興味を失わせない人間でありながら自分のことは放っといて欲しいという我儘を持つ難しい男なんだと思う。分かってたまるか?そうだな。まぁいい。また一緒にやりたいと思う。

3:00 鹿児島市内の24時間サウナに入った。5:00には空港へ向かうバスに乗らなければならなかった。酒と疲れで伸びきったゴム紐みたいになった俺は仮眠所の床で眠ろうする。俺以外にも限界を迎えたであろう爺さん達がうようよ床で眠ってた。ファイターは個室カプセルへ。豪とNJは廊下のマッサージチェアーに落ち着いたようだ。それからしばらくして初老の店員が俺たちの為に特別にマッサージルームのベッドを使わせてくれた。ありがとう。でも俺はベッドの下の床で眠った。

天候の心配もあったが無事空港へ着き飛行機も予定通り飛ぶようだ。ひどく疲れていて些細なことにふふっと笑みがこぼれ全身の力が抜けていく。俺以外はまだ比較的元気なようで、タフな男達だと思った。

10:00 関西空港の駐車場で俺たちの帰りを待っていた機材車に乗り込む。発信と同時に豪雨だった。運転はファイター。京都へ帰ろう。

この日は土曜日で自宅に帰るとtedが居た。荷物を降ろしてお土産のキーホルダーをあげると思いの外喜んでいるようだった。